自由診療の割合を増やしたい先生方へ、アンチエイジング医療の最新トピックスや、明日からの医院経営に役立つマーケティング情報を発信していきます。
ブログ

患者サービス

生活習慣の改善、医療機関全体で専門性を高めるには?

アンチエイジング診療はバラエティ豊かですが、共通しているのは、「患者さんが末永く、健康な生活を送れるように寄り添うこと」ではないでしょうか。 そのアンチエイジングの成否において、カギを握るのは患者さんの生活習慣かと思いま …

ホームページにスマホ対応が必要な理由とは?

皆様の医院のホームページはスマートフォンでも閲覧しやすいような仕様にされていますか? 「昔に作成したのでよくわからない」 といった方は、一度自院のホームページを確認してみてもいいかもしれません。 スマホ対応になっているか …

真夏の集患の心得/猛暑でも「来院したい」と患者に思わせるには?(その2)

真夏の炎天下は、どこかに出かける意欲が薄れてしまいやすいですよね。 コロナウイルスでリモートワークが当たり前になり、緊急事態宣言で多くの商業施設が営業を見合わせや営業時間の短縮となってしまっていますね。 炎天下とコロナウ …

真夏の集患の心得/猛暑でも「来院したい」と患者に思わせるには?(その1)

7月21日からオリンピックが始まり、本格的な夏も一緒にやってきたような暑い日が続いています。 真夏は、患者の多くが夏季休暇を取る時期でもありますが、そのいっぽうで、暑さゆえに患者さんの足が医院から遠のきやすいのではないで …

待合室に準備する読み物、どうチョイスしたらよいのか

前回は、待合室に入れる書物の選び方を、(URL: https://arkrayantiaging.com/what-kind-of-reading-should-i-put-in-order-to-keep-patien …

待合室で退屈しないでいただくには? どんな読み物を置いたらいいのか

アンチエイジング診療で開業した医療機関は、保険診療メインの医療機関と比べて、自費診療がメインとなるかと思います。 ですので、患者が来てよかったと思えるような高い満足度を得てもらえるように工夫をこらすことが大切なのではない …

医療機関を経営する中で考えたい高齢化問題とは

高齢化社会が進むと医療機関では、さまざまな問題が起こると予測されています。 高齢者の医療費の増加にともない保険財政はひっ迫することが予想されています。 そのため、2022年度から75歳以上の後期高齢者における保険診療の一 …

来院したくなる自由診療のクリニックとは

自由診療のクリニックを初めて受診する患者さんの中には、治療の内容・費用に対して不安を感じている方がいると耳にしたことがあります。 このようなハードルを低くするためには、来院しやすい環境を作ることが大切かと思います。 その …

覚えておきたい敬語の使い方、患者さんから話をそつなく聞き出すために

アンチエイジング診療は、患者さんからの評判や口コミが大きく影響してくるかと思います。 スタッフが気を付けるべきマナーも幅広いですが、話題に出やすいのが敬語の使い方ではないでしょうか? 「敬語の使い方なんて、指導されなくて …

クリニックの作業を減らすために必要な業務の外注化とは

スタッフの作業を外部に委託するメリットは、本来の業務に集中できることです。 例えば、業務を外部に委託することができれば、受付事務は患者さんの対応、医師や看護師は専門性の高い仕事に従事することができるでしょう。 これまで、 …

1 2 3 »
PAGETOP
PAGE TOP