自由診療の割合を増やしたい先生方へ、アンチエイジング医療の最新トピックスや、明日からの医院経営に役立つマーケティング情報を発信していきます。
ブログ

クリニックデザイン

病院で災害が起きたときのために準備しておきたいこととは

地震・台風・津波などの災害が起きた場合の準備は万全ですか?病院の経営者は診察中に災害が起こったとき、患者さん・スタッフの安全を守る義務があります。 また、災害は思いもよらない事態が起こる可能性もあります。 今回は、“災害 …

スタッフのユニフォームは変更が必要?その理由とは

病院で働くスタッフのユニフォームといえば、白衣のイメージが定着しています。 ところが、最近は時代の流れにそって、看護師はナースキャップをはずし、白衣を着る人が減りました。 そこで、自院の特長を知ってもらうため、スタッフの …

医療事務のスタッフを直接雇用以外の方法で雇うときの心得

公立の医療機関の中で、経営不振に苦しんでいる施設も少なくないのではないでしょうか。 これは開業医にとっても他人事ではないでしょう。 医療機関は、一般の民間企業等と比べると廃業に追い込まれにくいと思いますが、それでも経営の …

キッズスペースの設置・リニューアル時の設備投資のポイント

アンチエイジング診療を受診している年代の範囲も幅広いですが、小さな子供を育てている世代が、集患のターゲットとなることもあるでしょう。 小さな子供を育てている世代、とりわけ母親の場合は子連れでも行ける医療機関を選びたくなる …

子供を持つ患者の満足度を高めて、好意的な口コミを増やすには?

アンチエイジング診療は、自由診療で提供することが大半でしょう。 思い切った高値にできるチャンスもある反面、その額でも満足していただける医院に仕立てないといけません。 さて、集患のためにしたほうがいいことは山ほどありますが …

「医療モール」に入居してアンチエイジング診療をはじめる場合のポイント

開業医にとって、自院をオープンさせる場所のチョイスは大問題ですね。    開業場所の選択を間違えると、取り返しのつかない失敗につながりかねません。 ところで最近「医療モール」という言葉が医療従事者の間でも一般の患者の間で …

子ども連れの患者さんでも安心な環境づくり

子どもにとって医療機関は 不安で怖い場所でもあります。 そのため、落ち着かなかったり 泣いてしまったりすることがよくあります。 クリニックが子どもでも楽しく過ごせる場所だと 患者さんも安心して治療を受けることができます。 …

患者さんが暑い日でも待合室で快適に過ごす方法とは

ジメジメした梅雨が終わると、本格的な暑い夏がやってきます。みなさんのクリニックでは、どのような暑さ対策を考えていますか?湿気が多くなったり、気温が高くなったりすると、体調を崩す患者さんも増えてくるでしょう。 そんな患者さ …

観葉植物をクリニックに置くメリットとは ~患者さんの心を癒やす観葉植物の選び方~

クリニックに植物を置くと、 どのような効果があるかご存知ですか? 緑はリラックス効果があるという話は 聞いたことがある方も多いでしょう。 そのため、園芸療法というものを 取りいれている病院もあります。 これは、植物を楽し …

天気が悪いときでも患者が来院したくなる病院づくり

クリニックに来院する患者の数は、 天気によって左右されます。 特に、梅雨や冬の寒い日は、 患者の数が少ないのではないでしょうか。 このように天気が悪い日でも、 来院してもらうための対策が必要です。 最近では、あらゆる方法 …

1 2 »
PAGETOP
PAGE TOP